*

宮崎地鶏 千夏

公開日: : お店, お酒, 美味,

千夏(ちなつ)というお店に行ってきました。

(また外観を撮るのを忘れてました^^;)

イベントの小冊子に載ってる写真を見て、

物凄く美味しそうなので気になっていたお店です。

宮崎地鶏をはじめとしたお店らしいです。

カウンターもありましたが、私達は奥の座敷に座らせていただきました。

(店内は他のお客さんが居たので撮れず^^;)

お箸が普通の割り箸と違い、私の好きなタイプの箸・・・ポイント高いです。

生ビールからスタート。

イベント後のビールは最高ですよね。

鶏のからあげ。

ここの鶏カラ、しっかり味がついていて、

周りはカラッと綺麗に揚げられていて、

中は柔らかく、非常に美味しい。

地鶏皮湯引。

なんか↑これだけ見ると、中国語のメニューみたいですねww

私は鳥の皮はパリパリに焼いたのが好きなのですが、

湯引きポン酢も美味しいですよね。

だしまきたまご。

大根おろしがもう少し多ければ・・・

でも、ここのだし巻き、味付けが良いです。

だしまきたまごに付いてきた醤油、私は初めて見た、変わった入れ物でした。

こういう入れ物、生醤油を使ってるお店によく使われてるらしいです。

両端から抑える時にも押しやすく、醤油をかけすぎたりする事もないのです。

地鶏(宮崎)たたき。

キタキタキタ〜!私はこれに惹かれたのです!

これを食べに行ったと言っても過言ではありません。

宮崎の地鶏を使ったタタキなのです。

カットされてるサイズ感、焼き加減、薬味、スダチも付いてて

至極の一品でした。

赤ワイン・・・この日、何杯飲んだことか・・・^^;

まずワイングラスの大きさにビックリしました。

こんな素敵なグラスで出してくれるお店、そうそう無いでしょう。

鳥からを再び。

タタキも再びww

湯引きまで再びwww

豆腐ステーキ。

この日はイベント日ということもあってか、

メニューは少なめの全品500円均一です。

宮崎地鶏のたたきが500円で食べられるなんて・・・

この店、最高ですね!

ちなみに「ちなつ」というのは娘さんの名前だそうで、

看板娘である娘さんは歌も上手いノリの良い方でした^^

ごちそうさまでした。美味しかったです。

LINEで送る
Pocket

関連記事

陽はまた昇る

「陽はまた昇る」という居酒屋さんに行ってきました。 このお店は2階もあります。

記事を読む

SANTERO MOSCATO COCKTAIL MANGO

サンテロのモスカート・カクテルシリーズのマンゴーです。 以前にUPしたのはココナッツで

記事を読む

日清 ラ王 醤油味

日清さんのラ王を「簡易ラーメン製造機」で作って食べてみました。 「まるで、生めん。」の

記事を読む

ROYAL BURLIERE MUSCAT ROSE

ロワイヤル・ブルリエールのロゼです。 私は基本的に週1でスパークリングを飲みます。

記事を読む

おい!すき家で黒毛和牛が喰えるぞ!

なんと、すき家さんがロンドンで開催された 「ワールド・ブランディング・アワーズ」という

記事を読む

Freixenet CARTA NEVADA CAVA vol.1

フレシネです。 ええ、れいによって既に空瓶です^^; いつものコルドンネグロと違

記事を読む

Hubert Bouzereau Gruere et Filles Chassagne Montrachet 1er Cru Les

「1er cru」は「プルミエ クリュ」と読む(のだったと思います)。 向こうでの格付

記事を読む

McDonald’s 月見バーガー

月見バーガーの季節ですね。 食べなきゃ!って事で、買ってきました。 美味

記事を読む

すだち酒 vol.1

徳島のお酒「すだち酒」です。 徳島の名産スダチを使ったお酒です。 私はこの「すだ

記事を読む

CHANDON BRUT

以前に勉強(?)したCHANDONです。 モエ・エ・シャンドン社がオーストラリアに作っ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサードリンク

DIY 音楽室編 vol.9 本塗りは2回がデフォになったので・・・

こーやって見ると、やっぱり2回塗りの方が綺麗ですね。 右

本日の自炊 みゆき あだち充

H2に続き、あだち充先生の「みゆき」を自炊しました。 タ

本日の自炊 BOYS BE・・・ 2nd Season イタバシマサヒロ 玉越博幸

昨日うpしたボーイズビーの2ndです。 こちらは全20巻

DIY 音楽室編 vol.8 ボンド補正のやり方

この間「ボンド補正とは・・・」というタイトルでボンド補正について説明し

本日の自炊 BOYS BE・・・ イタバシマサヒロ 玉越博幸

原作、イタバシマサヒロ先生、 作画、玉越博幸先生のボーイ

→もっと見る

PAGE TOP ↑