*

本格炭火焼鳥 ちどり vol.3

公開日: : お店, お酒, 美味,

はい、今年も忘年会はちどりです。

生ビールでスタート。

プレミアムモルツです。香るエールです。香ってますww

これはお通しです。

私は生タマネギが好きなので、カナリ気に入りました。

いつも思うのですが、このお店、お通しが美味しいです。

メニュー化すればいいのに。

これはねぎまのタレ。

私が絶対に、100%、注文するものですねww

けっこう食べちゃってますが、これはとりはらみのにんにく茎炒め。

ニンニクの茎が美味しい。

これもだいぶ食べちゃってますが、せせりポン酢です。

ポン酢好きとしては頼みたいところ。

だし巻き玉子。

定番ですね。

大根おろしが多くて嬉しい^^

じいじいの肉厚しいたけ。

「じいじいの〜」というのがメニューに載ってる正式な名称です。

焼き鳥の塩。

一番オーソドックスなのはこれですかね。

ささみの梅です。

筋肉をつけるためにささみを食べましょうwww

これはズリですね。

私は個人的にはホルモンを好みません。

だから、あれば食べますが、無くても良い^^;

これはハツ。ハツとは心臓の事です。

昔、別のお店で食べた時はニオイがキツくて食べられなかったのですが、

ここのお店のハツは食べられます。

この大きいのは手羽先です。

食べ辛く、手が汚れるので好みませんが、美味しいんですよねwww

ねぎまの塩。

健康のためにはタレより塩の方が良いと聞いたことがあります。

でも私はやっぱりタレが好き!

・・・って事で、またまたねぎまのタレ。

こなきじじいという日本酒です。超辛口純米酒。

徳利とお猪口が涼しそうです^^;

こんなに寒いのに・・・ww

レバーはタレしかありません。

「レバーは血を作る」と聞いたことがありますが、本当でしょうか?

はい、すだち酒の会、会長としては外せません。

すだち酒のボトル大です。

小があろうが、帰る直前だろうが、常に大ボトルで注文しますww

ねぎまのタレをお代わり!

ビールにも合うし、日本酒にも合うし、すだち酒にも合う、

不思議な食べ物www

もっちりんの黒蜜きなこ味。

「もっちりん」はもっちりしてるのにお餅ほど弾力があるわけではない、

食感の良いデザートです。

こちらはもっちりんの自家製ブルーベリー味。

黒蜜きな粉も美味しいのですが、私はこっちの方が好みかな。

今回も堪能しました。

ごちそうさまでした。美味しかったです。

ありがとう。飲める事、食べられる事に感謝^^

LINEで送る
Pocket

関連記事

ロールカフェ

ロールカフェというところでお茶をしばいてきましたww これはカフェモカのアイス・・・

記事を読む

琉球泡盛 久米島の久米仙

久しぶりに泡盛を飲みました。 そして、久しぶりに記憶を飛ばしましたwww この「

記事を読む

備後漬物 和風キムチ 甘口

この間載せた「生ハム」と共に、私がよく食べるのがこのキムチ。 備後漬物さんの「和風キム

記事を読む

淡のしずく ちょこたまご

「ちょこたまご」というお菓子をいただきました。 淡路島牛乳を使用してるらしいです。

記事を読む

ROSE DREAM 島田ワイン(バラ)

島田ワインのローズ・ドリームというワインです。 バラのワインなんて珍しいですねwww

記事を読む

LOTTE 霧の浮舟

ロッテさんの霧の浮舟というチョコレートです。 私が密かに「一番美味しい」と思っているチ

記事を読む

すだち酒 vol.4

BBQをしてきました^^ 非常に美味しかったです^o^ また今回もすだち

記事を読む

赤松牧場 アイスクリーム

赤松牧場のアイスクリームを食べてきました。 いろんな種類があります。

記事を読む

ほたて浜煮

お土産でいただいた、ほたての浜煮です。 京都のかにはんさんという会社が造られて

記事を読む

クラッシックバーガー in YMF

やまびこミュージックフェスティバル(勝手に略して「YMF」と記載します^^;) で食べ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサードリンク

齊藤酒造 英勲

英勲というお酒をいただきました。 京都は伏見区の

名言 vol.30 by マザー・テレサ

「愛の反対は憎しみではない。それは無関心である。」 「あ

Vina Alcanta Red 2017

ビィーニャのアルカンタという赤ワインです。 モナ

cafe・eats gattino

ガッティーノというお店に行ってきました。 住宅街

こんな車を見つけたぞ

こんな車を見つけました。 これ、何?

→もっと見る

PAGE TOP ↑