*

手打 皿そば 楽庵

公開日: : 最終更新日:2018/06/03 うどん, お店, 美味

昨日うpしたオデオン座の横にお蕎麦屋さんがあります。

楽庵というお店・・・

テナントなのでしょうけれど、なかなか建物にマッチした佇まいです。

店内は入って右側に座敷席。

赤い座布団がアクセントカラーとして綺麗です。

座敷の隣にも個室の座敷席があります。

入り口正面と左側にカウンターとテーブル席があります。

カウンター席も雰囲気たっぷり・・・。

おや?屋内なのに、カウンター上にも屋根がありますねww

こういうのがカッコいい雰囲気を醸し出してるのでしょう。

有名人のサインが並べられてます。

左下は中尾明慶さんのサイン。

当然、山田洋次監督のサインもありました。

次回は寅さんと一緒に来るそうですwww

皿そばの大根おろしを注文しました。

これが「本場出石流」だそうです。

大根おろしとワサビとネギが乗ってます。

また、お水でなく麦茶が出されたのも好印象^^

お箸は私の好きなタイプのお箸。

このお箸を使ってる店は高級感を感じさせてくれます。

立ち食い蕎麦なら普通の割り箸で良いでしょうけれど、

ちょっと高級っぽいお蕎麦屋さんやお寿司屋さんなら、

こういうお箸が良いでしょう。

化学調味料を使ってないんですね。

水も体にやさしい活性水だとか・・・。

ずいぶんとこだわりがある様です。

そして、この字、ものすごく綺麗。

字にもこだわりがあるのかもしれませんwww

旦那さんが兵庫県の出石町出身で、奥さんが脇町の方なんですね。

奥さんの地元で、旦那さんの出身地名物である皿そばを出してる・・・と。

しかも本場の出石で食べるより安い・・・と。

これらが貼られているガラスの向こうに蕎麦を打つスペースがありました。

写真を撮り忘れたのが悔やまれる・・・^^;

これが皿そばです。

1人前が5皿。

ツルツル喉を通っていきます。

二八蕎麦ですが、非常に美味しい。

調子に乗れば、カナリの枚数食べられそうです。

でも今回のお代わりは2皿までにしときましたww

ネギとワサビも追加で出してくれました。

こういうところポイント高いですよね。

楽庵さんはお昼11~15時半までしか営業してません。

駐車場あります。

オデオン座を見に行った時に寄るのがベストでしょう。

出石じゃない所で食べられる出石そば、ご賞味あれ^^

関連記事

サントネージュ BRILLIA BLANC

飲みに行って注文したスパークリングです。 「BLANC」とあるのは「ブラン」と読み、「

記事を読む

ROSE DREAM 島田ワイン(バラ)

島田ワインのローズ・ドリームというワインです。 バラのワインなんて珍しいですねwww

記事を読む

東京ばな奈 「見ぃつけたっ」

最近縁のある東京ばな奈です。 これがノーマルバージョンでしょう。 元々これがヒッ

記事を読む

クッキー&クリームパフェ

こんなものも食べましたww クッキークリームのパフェです^^ クッキークリームを

記事を読む

吉本新喜劇コラボ うまい棒 たこやきソース味 

吉本新喜劇とコラボしたうまい棒をいただきました。 (あ、昨日の阪神タイガースコラボのう

記事を読む

Le Tenute ASSOLO REGGIANO

アッソーロ・レッジアーノです。 なんと、赤のスパークリングです。 これもBBQの

記事を読む

BBQ vol.3 肉勢で肉を買って・・・

またまた翌日仕事なのに友人からBBQの誘いがありました。 そして友人から「肉を買ってこ

記事を読む

麦焼酎 おおぼけこぼけ

徳島県には「おおぼけ こぼけ」という場所があります。 「おおぼけ」と「こぼけ」という地

記事を読む

BEAUJOLAIS NOUVEAU 2015

昨日が解禁日でしたね。 1日遅れですが、今日飲みました。 こんなラッピングなんか

記事を読む

旭酒造 獺祭 等外

昨日うpしたミライザカで獺祭のボトルを注文しました。 チェーン居酒屋なのに、獺祭を置い

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサードリンク

スポンサードリンク

スポンサードリンク

ケセランパサラン?

皆さん、ケセランパサランって知ってますか? (知らない人

ラーメン くるまや vol.2

はい、ラーメンが食べたくなり、また、「くるまや」に行って来まし

GOSSO

皆さん、これ知ってますか? ユーチューバー御用達のGOS

宮崎地鶏 千夏 vol.8

千夏好きのSince1000です。 また行ってきたのです

名言 vol.59 by 三浦知良

学ばない者は、人のせいにする。 学びつつある者は、自分の

→もっと見る




PAGE TOP ↑